50からの英語 洋書と海外旅行を楽しもう!

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリア旅行 準備編ー2

<<   作成日時 : 2015/04/09 16:28   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

何年も前から最後の海外旅行はイタリアと決めていました。

自分で旅程を考え、航空券・ホテル・美術館・その他の予約全てを自分で手配して、自分の興味に沿った「私流」の旅を楽しんできた夫と私。

でも、そんな「私流」の旅もそろそろ限界にきていると2・3年前から感じていました。
夫は70歳を超え、私ももうすぐ前期高齢者の仲間入りをします。

ヨーロッパの石畳の道を苦労しながらスーツケースを引きずったり、列車に乗る時スーツケースを引っ張り上げたり、そんな些細なことに疲れを感じるようになってきていたのです。
これ以上無理をして旅行を続けても、体調を崩したり、3年前のように怪我をしたり、家族に迷惑をかけることになりかねません。ましてや私はリウマチを患っている身、無理は禁物なのです。

物事に始まりがあるなら、終わりは必ずやってくる。

そろそろ「私達流の海外旅行」も終わりにした方が良いね、とここ数年夫と話し合ってきました。

で・・・最後はイタリアです。


イタリアをメインに、前にリベンジのスペイン、後ろに「アドリア海の真珠」と謳われているドブロブニクを挟んで・・・と欲張りな旅程になりました。

いいんです・・・最後なんだから。(キリッ)


さて、前回の続き。

11月初旬

アドリア海フェリーで火災事故が起きて死者が出たというニュースを見て、とたんに夜行フェリーでの移動がイヤになってきた。夜行フェリー自体が疲れてしまいそう。
イタリア半島の踵の部分へ行こうと思ったのはアルベロベッロのキノコのような家を見に行こうと思ったから。
でもよく考えてみたら、私が今回のイタリア旅行に求めているのは絵葉書の景色を見に行くことではない。紀元前700年に始まる古代ローマ時代からルネッサンスに続く、イタリアの栄光の歴史この目でを見たいから。アルベロベッロも、青の洞窟も、アマルフィ海岸も景色を楽しむ場所は全てパス。
ナポリでポンペイ遺跡を見てから、イタリア半島を横断してバーリへ移動アルベロベッロを見て夜行フェリーでアドリア海を渡るという当初の案に替えて、ナポリから飛行機でドブロブニクへ飛ぶことにする。

11月下旬

ナポリからドブロブニクへの直行便は無いので、SkyscannerSkyteamを駆使して乗り継ぎのフライトを探すが、安くて効率的なフライトがなかなか見つからない。
ドブロブニクへの便は観光シーズンの6月になると、ヨーロッパ各地から数多く飛んでいるのだが、5月までは週2・3便しか飛んでいなくて旅行予定日と合わなかったり、乗り継ぎ地へのナポリからのフライトが無かったり、となかなか見つからない。

12月上旬

そこで発想を変えて、ドブロブニクへ毎日飛んでいる都市はどこかを探す。

5月に毎日フライトがある都市はクロアチア航空が飛んでいるロンドンとパリのみだと分かる。
そりゃ、パリでしょう、と迷うことなくパリで乗り継いで行くことにする。
次はナポリからパリへの便を探す。これはLCCからフラッグ・キャリアまでたくさんフライトがある。未だにLCCに乗ることに不安がある私、早朝便でLCC並みに安い値段が表示されていたエールフランスにする。(最近LCCの事故が多いですよね)

元々フェリーのキャビンで1泊する予定だったのだから、ここはパリにホテルを取ってシャンゼリゼでもブラブラして翌日ドブロブニクへ飛ぼうと決める。

エールフランスのナポリ→パリ便を予約。
シャルルドゴール空港内にあるホテルを予約。
翌日のクロアチア航空、パリ→ドブロブニク便を予約。

これでフライト予約は全て完了。

5月3日   JAL便で  新千歳→成田
        Finnairで  成田→ヘルシンキ経由→バルセロナ(同日午後10時到着)
5月3日〜7日 バルセロナ観光
5月7日   バルセロナ→ミラノ(Vueling航空)
5月7日〜5月21日 イタリア内周遊
5月21日  ナポリ→パリ(エールフランス)  パリ観光 (パリ泊)
5月22日  パリ→ドブロブニク(クロアチア航空)
5月22日〜5月25日  ドブロブニク観光
5月25日  JAL便(Finnairのコードシェア便)で帰国
5月26日  ヘルシンキ乗り継ぎ 成田経由新千歳着


さあ、あとはイタリア内をどう見て歩くか「地球の歩き方」を参考にプラン作りです。

A09 地球の歩き方 イタリア 2015~2016          旅の指さし会話帳 miniイタリア [イタリア語] (旅の指さし会話帳mini)


続きは次回に。      

イタリアへ行こう はこちら。
準備編−1 は(こちら)



にほんブログ村 英語ブログへ     人気blogランキングへ     みんなの英会話奮闘記



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね
スーツケースを引っ張っての移動はしんどいですもんね
私も重量がギリギリセーフで帰って来て、自分の荷物ながら嫌でしたから。。。

スーツケースも買い替えようかと考え中です
中のベルトがちぎれてて安全ピンで止めてますし、中身が入ってなくても重いので

先日、「地球の歩き方 ロンドン」を買いました
物価が高いって嫌ですね
行ってみたいところはあるけど、絶対に行きたいと思っている所だけ行こうかなぁ(笑)
なんて思ってしまいました(ドイツに沢山行きたいですから)
とまる
2015/04/10 13:20
学校の出動予定表をもらったので、航空券を色々と調べてみました
初めは4泊6日で考えてたんですが、5月と6月では価格が全然違うし、
5泊7日の方が安いんです
少し足せば泊まれるので、5泊7日で行くことにしました

チケットは申込みましたが、e-チケットが来てからホテルを予約した方が良いのでしょうか
泊まりたいホテルが見つかったら予約して良いでしょうか

個人旅行デビューです(笑)
大雑把なスケジュールは決まってます
色いろ調べて素敵な旅にしたいです♪
楽しいけど、調べるのは疲れますね(笑)
とまる
2015/04/12 14:34
とまるさん

ロンドン旅行予定ですか?それともドイツ?
いいですねぇ。私はイギリスへ行ったことがありません。ドイツも魅力たっぷりだし。楽しんでくださいね。

3年もブログを放って置いたのでブログメンテナンスのやり方を忘れてしまって、四苦八苦しています。少しデザインやタイトルをいじっていたので返事が遅くなってごめんなさい。

e-チケットを申し込んだのなら、すぐホテルは予約した方が良いと思います。私は Booking.com でいつも予約していますが Expedia や Agoda などいろいろ予約サイトがあります。
私はbooking.comをずーっと利用していますが、一度も予約のトラブルに遭ったことはありません。
いろいろ調べて旅行プランを立てている時が一番楽しいのかも。
ブログ管理人
2015/04/12 15:15
ロンドンに行きます

まず、郊外のグレートミッセンデンに行きます
電子辞書片手に奮闘して。。。ホテルの予約出来たみたいです(メールが来たからやれやれ〜)
私が行きたい所の周辺のホテルを検索したら色々ありましたが予約した所が近いのです
他は何駅か離れてるし、車でないとあかんような所で(笑)
部屋が4つしかないんです

予約の時点で出てきたのは2つでした
ツインベッドの部屋とダブルベッドの部屋だったので(料金は同じ)ダブルベッドの方が落ち着きそうなので、そちらにしました
朝食込みになっていて£95で£15キャッシュバック、next time 何ちゃらかんちゃら書いてあってキャッシュカード番号や暗証番号のフォームがあるので何もしませんでした

英語の画面を見ながら冷や汗ものでした
旅行の時にメールを印刷したのを持って行けば良いのですよね

あと2つホテルを探して予約しないといけません
1つは大英博物館周辺、もう1つは郊外です
頑張ります(笑)
とまる
2015/04/13 01:53
あと2つのホテルも
予約出来ました♪
とまる
2015/04/14 10:32
とまるさん

ホテル予約完了ですね!
イギリスの小さなホテルといったら、マナーハウスでしょうか。すてきですねぇ♪
着々と準備が進んでいますね。

5月、もうすぐです。あと2週間で私も出発ですよ。
ブログ管理人
2015/04/19 15:40
最初のホテルは、私が行きたい所のHPを見てたら、もっと駅に近くて値段も安い大型のホテルがありましたが、気に入ってるので良しとします
レストランとツインやファミリー用の4つの部屋のホテルです

あと2つは日本語で出てきたので良かったです(笑)
値段で見るとトイレやシャワーが共同なので、うーん駄目だなぁ〜とか
泊まってみないと解らないですよね(賭けですね)

eチケットが何度やっても印刷出来なくて(パソコンが古いからかな?)。。。
初めての経験なので四苦八苦してますが、コンビニのネットワーク何とかを利用すると出来そうです(タブレットで無料アプリを登録しました)

あっという間に出発になるんでしょうね
失敗は成功のもと。。。って思いながら気負わずにやります
きっと思い通りには出来ないと思うので(笑)
とまる
2015/04/20 00:59
とまうさん

いえいえ、失敗こそが思い出になるのですよ。
私も海外でいろいろ困ったことがありましたが、そういった街の方が後で思い出に残ります。
気負わずに、失敗を楽しもう、と言う気持ちで行きましょう。
ブログ管理人
2015/04/21 11:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イタリア旅行 準備編ー2 50からの英語 洋書と海外旅行を楽しもう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる