50からの英語 洋書と海外旅行を楽しもう!

アクセスカウンタ

zoom RSS ミラノからヴェネツイアへ

<<   作成日時 : 2015/05/19 07:26   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

旅行7日目、ミラノからヴェネツイアへ特急列車で向かいます。

今回イタリアを鉄道で旅行して感じたのは、イタリア国鉄(Trenitalia)の特急列車は料金が安くて時間も正確でとても快適だと言うこと。

座席は広いし、コンセントも付いているし、wifiも使える。
早めに予約したので、ディスカウント価格で買えたせいですが、ミラノからヴェネツィアまで2時間35分の特急列車料金が二人分でたったの37.5ユーロ。日本円だと5,000円位です。
日本のJRの感覚だと信じられない安さです。

1分の送れもなく出発・到着しました。

ただ一つ難点を言えば、出発15分前にならないとどのホームから出るか分からないと言うこと。
ただひたすら電光掲示板を眺めて発車ホームの発表を待ちます。

画像

9時5分発なのに、8時15分には駅に来ていました。
全席指定なので慌てることなく乗れるのですが、日本人の感覚だとどうしても早めに駅に行くのでただボーッと電光掲示板を眺めて30分くらい過ごすことになります。

ヴェネツイアへ着きました。ホテルへ向かいます。
ホテルは中央駅の近くで徒歩5分くらい。すぐ着きました。チェックイン時間には少し早いので荷物を預けて観光に出かけます。

画像


バボレットと呼ばれている水上バスの乗り口に行きますがすごい人だかりでなかなか乗れません。
ヴェネツィア島は車の乗り入れ禁止なので運河を巡る水上バスしか交通手段がありません。しかも60分間有効券が7ユーロ。1,000円近い!!!
60分有効と言われても、ピッとチケットをかざして乗り場に入ってもすぐ水上バスが来るわけでなし、満員だったら置いて行かれるし、結局1回しか乗れないはめになります。
何とか乗り込みました。ギュウギュウ詰め。

サンマルコ広場に近づきました。

画像


ここで少しブラブラして再び水上バスで駅前に戻り昼食。

画像


イカスミスパゲッティとミックスサラダ。
スパゲッティがとても美味しかった!!
もっとくどい味かと思っていたけれど、意外とあっさり、満足してホテルに戻りチェックイン。

部屋に入ってのけぞった。。。

ベッドしかない・・・ベッドだけで部屋は一杯。 しかもツインルームで予約したはずなのに、ダブルベッド・・・
フロントへ行って「ツインで予約したはずだ。」と言うと
「ダブルの部屋しかない。」
。。。。。これってサギじゃない・・・bokking.comでは「ダブルまたはツインルーム」と出ていたのでツインルームとリクエストをしておいたはず。
翌日の朝食は本当にパンとコーヒーだけ。クロワッサン1個とスライスパンが1枚。
これで1泊2万円以上するなんて・・・

ヴェネツィアは全てにおいてコストが高い。

世界でも希な水上都市を維持しするのにはコストが掛かるのでしょう。
それは分かるのですが・・・

もちろん1泊4万も5万もするホテルに泊まれば快適なのでしょうが・・・
貧乏人には縁の無い街でした。

あぁ〜2泊も予約するんじゃなかった。1泊にしておけば良かった。と後悔しきり。

と、悪口ばかり書いてきましたが、やっぱりゴンドエーレの姿は絵になり風情があります。

画像


40分80〜100ユーロなんて高すぎて乗れませんが・・・

ヴェネツィアは印象が薄くて、良く覚えていないので、ヴェネツィア2日目は省略して、明日はフィレンツェについて書きます。

フィレンツェは素晴らしかった!!!





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
2万も出してベッドだけですか
ホテルって部屋のドアを開けて。。。吉と出るか凶と出るかなんですね
ドキドキですね
とまる
2015/05/19 14:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミラノからヴェネツイアへ 50からの英語 洋書と海外旅行を楽しもう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる