50からの英語 洋書と海外旅行を楽しもう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年イタリア旅行 ローマ3日目

<<   作成日時 : 2015/06/05 17:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

イタリア旅行14日目

今日はフォロロマーナを歩く現地ツァーを申し込んであります。

今回は日本語ガイド。
現地に住んでいる日本人なのか、それとも日本語に堪能なイタリア人なのか分かりません。
待ち合わせ時間は9時45分。場所はコロッセオ横の凱旋門前。
10時から約3時間、フォロロマーナを歩きます。

数年前に塩野七生さんの著書、「ローマ人の物語」を読んでから俄然、古代ローマ史に興味を持つようになりました。面白くて、面白くて、全43冊の文庫本を一気読みしてしまった。いつかイタリアへ行って、古代ローマの遺跡を見たい、賢帝達の今に残る歴史遺産を見てみたいと言う強い思いでローマに来ました。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)


昨日のストライキも終了したようで、地下鉄は動いています。
地下鉄B線でコロッセオ駅まで行きます。
地下鉄駅を出ると、目の前にコロッセオ。

画像


横に目をそらすと凱旋門が。

画像


例によって少し早すぎたので、ブラブラして待ちます。

9時40分頃凱旋門の近くに行ってみると、「みゅう・ミキツーリスト」と書いた紙を持った女性が待っていました。
日本人のガイドでした。

今日の現地ツァー参加者は、新婚さんカップルと私達の4人です。さあ出発。

まずコロッセオの入り口に向かいます。
入場待ちの列が出来ているのだけれど、(たぶんチケットを買う人の列)横を通って入り口に近づきます。入場時間は10時なのだけれど、ガイドさんの顔パス(?)で9時45分に入れてくれました。

中に入るとこんな感じ。
1階部分は元老院議員、2階席は騎士、3階席は市民、最上階は市民権を持たない人達、と身分によって席が決められていました。

画像


今はむき出しになっている地下部分には猛獣を入れる檻や、拳闘士の宿舎、猛獣を舞台に運ぶ昇降機(エレベーター)等の施設があったそうです。

画像


コロッセオを出て横に広がるフォロ・ロマーナ(ラテン語でローマの広場のイタリア語読み)を歩きます。
古代ローマでは政治の中心フォルム(広場 英語のフォーラムの語源)にバシリカや元老院議会が作られていた。

画像


ガイドさんに古代ローマの歴史の説明を受けながら、見て回ります。
所々で記念写真、彼らと一緒に写真を撮ると、親子のよう・・・お嫁さんの年齢を訊くと22歳・・・あら、娘より孫に近いかしら?

パラティーノの丘から見下ろすとフォロ・ロマーノの全景が分かります。

画像


遠くにコロッセオが見えます。

画像


パラティーノの丘からティトゥス帝の凱旋門を通り、かって宗教的な行事や凱旋行進が行われた聖なる道(Via Sacra)へ向かいます。

画像


このあたりには神殿や各皇帝のバシリカの遺跡が並んでいます。

画像


午後1時。
パラティーノの丘からカンピドーリオ広場まで歩きツァーは終了です。


賢帝・愚帝、幾多のローマ皇帝達、その栄華の時代に思いを馳せながら歩いた3時間でした。

その後ベネチア広場でヴィットリオ・エマニエーレ2世記念道を眺めて、トライアヌスの柱を見ます。

画像


「ローマ人の物語」の中で5賢帝の1人と描かれていたトライアヌス。
ダキアとの戦いに勝利した記念に建てられたそうで、円柱には勝利の様子が螺旋状に描かれています。塩野七海さんの描くトライアヌス帝は魅力的で、是非この目でトライアヌスの塔を見たいと思っていました。



今回のイタリア旅行 目的その5達成 (今日が今回の旅行のハイライト)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コロッセオもすごいです
トライアヌスの搭。。。本当に螺旋状に描かれてますね

タブレットを持つようになって良かったのは写真をびよ〜んって伸ばして見れるところです
門や柱の彫刻とかしっかり見ることが出来ることです
美しい〜って思いながら見せていただきました

ちょうど旅の中間ですね
長期滞在でゆっくり旅が出来るっていいなぁ〜♪
とまる
2015/06/06 10:33
とまるさん

コロッセオ、すごい迫力でしたよ。
映画グラディエーターを思い出しました。

>写真をびよ〜んって伸ばして見れるところです

そうそう、便利ですよね。私はタブレットは持っていないのだけれど、iphoneで撮った写真は、引き延ばして見ています。細部が分かっていいですよね。

イタリア、本当に見るところがたくさんあって困ってしまうぐらいです。年のせいか体力があまりないので、疲れすぎは良くないと思って、少しセーブしながら見てきました。
ブログ管理人
2015/06/11 15:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年イタリア旅行 ローマ3日目 50からの英語 洋書と海外旅行を楽しもう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる